オイルヒーターとパネルヒーターの違いを比較

オイルヒーターとパネルヒーターの比較

ここ最近、暖房器具として人気が高いのがオイルヒーターとパネルヒーターです。

 

大型の電気屋さんに行くと、暖房コーナーにはオイルヒーターとパネルヒーターの専用のスペースが設置されています。

 

オイルヒーターの販売コーナー

 

暖房器具というのもそれぞれの時代によって流行り廃りがあります。

 

それに家の作りや部屋の広さ、形状などによってもそれぞれの用途ごとに適した暖房器具というのは異なります。

 

エアコン、セラミックファンヒーター、石油ファンヒーター、遠赤外線ヒーター、ハロゲンヒーター、マイカヒーター、石油ストーブ、ガスストーブ・・・

 

 

そんな中で、

  • 今なぜオイルヒーターとパネルヒーターが人気なのか。
  •  

  • オイルヒーターとパネルヒーターの違いは何なのか。
  •  

  • 買うならどっちを選べばいいのか。

 

これらのことを詳しく解説していきたいと思います。

 

 

オイルヒーターとパネルヒーターが人気の理由

 

オイルヒーターとパネルヒーターがここ最近人気が高い理由は、どちらも対流式で暖める暖房器具だからです。

 

輻射熱によって体を暖めるので、風が出ないというのが最も大きな人気の理由です。

 

風が出ないので、空気が乾燥することなくホコリも舞うことがありません。

 

ファンが回る音もなく、運転が静かなのも人気の理由として挙げられます。

 

オイルヒーターやパネルヒーターの暖まり具合

 

それに燃焼を伴わないので、一酸化炭素や二酸化炭素なども発生することがなく、空気が汚れることがありません。

 

換気をする必要もないし、火事になる心配もありません。

 

また、小さな子供がいる家庭でもヤケドになる心配がないので安全性が高いのが特徴です。

 

オイルヒーターやパネルヒーターの安全性

 

さらには保温効果がとても高く、一度部屋の温度が上がると暖かさを持続するのも特徴です。

 

これらの理由から、オイルヒーターやパネルヒーターはここ最近とても人気が高い暖房器具として注目されています。

 

 

オイルヒーターとパネルヒーターの欠点とは!?

 

これまでは人気の理由として長所ばかりを挙げてきましたが、欠点というのもいくつか存在します。

 

オイルヒーターやパネルヒーターの欠点
最大の欠点としては、部屋が暖まるまでに時間がかかるということです。

 

エアコンやファンヒーターはスイッチを入れるとすぐに暖かい空気を出してくれますが、オイルヒーターやパネルヒーターは暖かくなるまでにある程度の時間が必要になります。

 

 

そのためメインの暖房器具として使うのではなくて、エアコンなどと併用して活用している人が多いです。

 

エアコンで一度暖めたあとに、その暖かさを持続するためにオイルヒーターやパネルヒーターを使うのが最適ですね。

 

オイルヒーターやパネルヒーターの効果的な使い方

 

オイルヒーターやパネルヒーターの欠点
また、もう一つの欠点としては、電気代がかかるということですね。

 

それぞれの器具にもよりますが、1時間で約15円〜30円ほどかかるのが目安です。

 

なかには1時間あたり10円以下で抑えられるエコ運転の機種もあります。

 

でも、エアコンの場合でも長時間付けたままにしておくとやはり電気代はそれなりにかかりますよね。

 

石油も値段が高騰していることを考えると、それほと大きなデメリットではないように感じます。

 

 

オイルヒーターやパネルヒーターの向き不向き

オイルヒーターやパネルヒーターが向いているケース

  • お年寄りや小さな子どもがいる家庭
  • ペットなどを飼っている家庭
  • 喘息や気管支炎などを持っている方
  • 乾燥肌で悩んでいる方
  • 冷え症で悩んでいる方
  • 受験生の方

 

オイルヒーターやパネルヒーターは、体の内側からじんわりと暖めます。
そのため、暖房を付けても手足が冷えるという冷え症の方には最適です。

 

それと、体全体を暖めてくれるので、頭がぼーっとしてしまうこともないので受験生などの集中したい方にも最適です。

 

オイルヒーターやパネルヒーターが向いていないケース

  • 暖かさの即効性を求める場合
  • 木造家屋などの気密性が低い建物にお住まいの場合
  • 寒冷地でのメイン暖房として使用する場合

 

オイルヒーターやパネルヒーターは、ゆっくりじんわりと体の中から暖める暖房器具です。
即効性を求めるのであれば、やはりエアコンや石油ストーブのほうがいいですね。

 

それと、木造住宅や木造アパートでは断熱性や気密性が低いので、効率の良い暖かさを実感することができません。

 

木造住宅

 

寒冷地や広い部屋で使用する場合も、やはり暖かさに関しては弱く感じるケースがあります。
その場合には、初めに即暖タイプの暖房器具で暖めてから使用するなどして併用することが望ましいです。

 

 

オイルヒーターとパネルヒーターの違い

 

それでは、オイルヒーターとパネルヒーターの違いを見ていきましょう。

 

一番大きな違いとしては熱を発する場所です。

 

電熱線でオイルを暖めて熱を増幅させるのがオイルヒーターです。

 

それに対して、電熱線から直接熱を発するのがパネルヒーターです。

 

それぞれのメリットとデメリット

オイルヒーターのメリット・・・熱がオイルで増幅されること

 

オイルヒーターのデメリット・・・オイルを暖めるのに時間がかかること

 

 

パネルヒーターのメリット・・・軽量で即暖性があること

 

パネルヒーターのデメリット・・・暖かさがオイルよりも弱いこと

 

 

人気商品での比較

 

オイルヒーターとパネルヒーターの違いをそれぞれの人気商品をピックアップして比較してみました。

 

ここでは分かりやすいように、ほぼ同じ価格の商品で比べてみることにしました。

 

山善(YAMAZEN)オイルヒーター DO-TL123

山善オイルヒーター

>>山善オイルヒーターDO-TL123の詳細はこちら

 

遠赤外線パネルヒーター RELIA RP-1010KM

遠赤外線パネルヒーター

>>遠赤外線パネルヒーターRELIAの詳細はこちら

 

 

電気代の違い
同じ価格の商品で比較してみると、電気代はそれほど違いはないようですね。

 

本体のサイズや重量はパネルヒーターのほうが軽くてスッキリしています。

 

見た目のデザインに関してもパネルヒーターのほうが都会的でインテリアとマッチしますね。

 

でもパネルヒーターは前面しか暖まらないのに対して、オイルヒーターは部屋全体をまんべんなく暖めてくれます。

 

ゆっくりでもいいから、部屋をじっくりと暖めたい場合にはオイルヒーター。

 

早めに暖めて収納をスッキリさせたいのであればパネルヒーター。

 

 

両者を比較してみたところ、このような結果になりました。

 

この冬、あなたはどちらを選びますか?